インプラント体験談:本城宏一さんの場合



倉敷駅前のデンタルサロンハビーナ(WEBサイト)でインプラント治療した本城さんにお話を伺いました。

レントゲンを撮ったところ
どうやら歯根にヒビが入っていて、抜歯をすすめられました。

–Q.インプラントを知ったきっかけ

最初は「インプラントを」ということではなく、
上顎の歯ぐきが腫れ、噛みしめると痛みを感じるようになり、
まずは診てもらおうと行った歯科医院で知りました。
レントゲンを撮ったところ、どうやら歯根にヒビが入っていて、抜歯をすすめられました。

いくつか事前にカウンセリング的なこともありましたけど、診てもらっただけで治療には入らなかったです。
気持ちとしては、できるなら抜歯を回避したいと思い、その時は、即断しませんでした。

–Q.その医院は以前から通われていた?

それまでは、私は歯科には長い間行っていませんでした。
転勤があって、以前、徳島にいた頃に通っていた歯科はありましたが、
岡山に来てからは通っているところはなかったんです。

歯の調子が悪くなったので、勤務先の近辺で通いやすくて、
しかも、時間とか曜日の都合が合うところを探して診てもらいました。

–Q.そこで治療しなかったのはなぜですか?

印象としてすごく忙しそうだったんですよ。
それと、金額的なことですね。
金額をそこで提示を受けた際に、まあ、高額だなあという印象があったので
他にも同じような条件で、もう少し安くできれば…ということでホームページとかでいくつか探してみました。
そのときに、こちらの医院のホームページも見て、モニター募集に応募しました。

結果的には抜いた方がいいかなって気持ちに変わってきたんですね。

–Q.インプラントについてご自身でも調べましたか?

こういう場合の原因、症状、治療法についてインターネットで調べてみました。
インプラントに対する賛否両論、その歴史などを知っていくうちに、
結果的には抜いた方がいいかなって気持ちに変わってきたんですね。

その中で、こちらにお邪魔した際に丁寧に色々説明いただいて
もうここでインプラントまでやっていこうと決めました。

–Q.ブリッジや入れ歯に比べて、インプラントにしようと思った決め手は?

ブリッジや入れ歯は取り扱いが面倒だなというのが一番でしたね。
あと、ブリッジの場合は、他の健全な歯もどうしても削ることになるということも知ったので。
インプラントで一番ブレーキになったのは、やはり、治療費が非常に高くなってしまうことでした。
それでも、自分の元の歯と変わらない感覚で普段過ごせて、扱いは非常に楽ですよね。
もちろん、歯磨きとかの手入れはしないといけないけど、そのあたりをトータルで考えて決めました。

費用が高くなることに躊躇はありましたが、
治療自体にはあまり不安はありませんでした。

–Q.インプラントに対する不安はありましたか?

無保険になるため、費用が高くなることに躊躇はありましたが、
治療自体にはあまり不安はありませんでした。

例えば、本を見ても、インプラントを非常に勧めている内容もあれば、むしろ逆のことを書いている本もある。
両方の意見をよく読みました。
インプラントはまだ新しい治療法ですし、これからの時代は変わっていくんじゃないかなという風に自分では思いました。
守屋先生もそれまでの実績もおありでしたし、ここでやることに不安はなかったです。

–Q.守屋先生の印象どうでしたか?

非常に優しい方だなあという印象でしたね。
今は児島に住んでいるんですけど、仕事が当時は倉敷駅近辺だったんです。
岡山市だとかもっと言えば県外だとかあまり遠くまで通うつもりはなかったので、
倉敷市内で考えたときに、守屋先生は非常に実績もある先生でしたし
地元が同じということで親近感もありました。

–Q.医院の印象はどうでしたか?

清潔感がありましたし、
賑やかだったり、人の出入りが多すぎるのは私は好まないので、
そういう点で比較的落ち着いていてよかったです。
スタッフの方にも明るく接していただきました。

まるで自分の歯と変わらない感覚で使用できること。
これに期待してました。

–Q.インプラントに期待したこと

日常生活においてわずらわしさがなく違和感がないこと。
まるで自分の歯と変わらない感覚で使用できることです。
これに期待してました。

もちろん、見栄え的にも自分の歯と変わらない。非常に自然にすごせる。
期待通りだったのでよかったです。

事前に丁寧に先の見通しを教えていただいていたので
それは不安感を解消した大きな理由だと思います。

–Q.実際にインプラントしてみて

当日、痛みが出たとか苦労した記憶はないです。
「痛み止めももらってもし痛くなるようだったら飲んでください」
「何かあれば連絡ください」とは言われてたと思いますが、
そこまでする必要はなかったので、無事に終わったと思います。

何しているのか分からない、見えなかったりすると不安だと思いますが、
いつも事前に丁寧に先の見通しを教えていただいていたので、
それは不安感を解消した大きな理由だと思います。
何かありませんか?ということもよく言われていたので、気になることは遠慮なくその場で聞いてました。

期待通り、自分の歯と変わらない感覚ですごせています。

–Q.インプラント治療後の感想

本当に数日のうちには元の感覚で食べることができたし
全然インプラントを入れているという感覚がないです。
それまでのしっかり噛めないことへの歯がゆさが解消され、
すっきりした気分で食事を楽しめるようになりました。

また、間違いなく、以前よりも予防意識が強くなり、
歯磨きを丁寧にするようになりました。
期待通り、自分の歯と変わらない感覚ですごせています。

本城さんの症例

–守屋先生に本城さんのインプラントについてお聞きしました。

右上5番が1本ない状態のところにアストラテックインプラントを1本植立しました。
骨の高さが不十分でしたので「ソケットリフト」という方法を用いて
上顎洞の骨を持ち上げて十分な長さのインプラントを入れることができました。
手術時間も30分程度と短く術後の痛みもなかったようです。

患者自身も遠慮なく求め、
納得しながら治療を進めることができる関係が望ましいと思います。

–Q.悩んでいる人へメッセージ

悩んでいる方の多くは手術に対する不安とそれから治療にかかる費用ですよね。
そういう意味でどういう内容の治療なのか、また経過状況はどうなのかなど丁寧な説明があることが大切。
患者自身も遠慮なく求め、納得しながら治療を進めることができる関係が望ましいと思います。

それでも、やっぱり自然な状態で過ごせるようになるというのが実感できるのでインプラントはお勧めだと思いますね。
ブリッジや入れ歯に比べると断然に違うんではないかと。
費用もそういう風に考えると結果に見合うものになるかなあと感じています。

お忙しい中お話いただき、ありがとうございました。

このページの先頭へ