抜歯後、すぐにインプラントを入れる治療とは?

目次

抜歯になってしまった際の治療の選択肢
 
インプラントのメリット・デメリット
 
入れ歯のメリット・デメリット
 
ブリッジのメリット・デメリット
 
抜歯後に傷んだ組織の治癒を待ってからインプラントを入れる方法(抜歯待時埋入法)とは
 
抜歯後すぐにインプラントを入れる方法(抜歯即時埋入)とは
 
まとめ:適したインプラントの治療法選定の重要性

抜歯になってしまった際の治療の選択肢

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリットとしてはまずは噛む力が強く自分の歯と同じように何でも食べられることです。

そして横の歯とかを削ることもなく、長期的にみると残っている歯を守ることができます。

デメリットとしては簡単な手術が必要になるということと、入れ歯やブリッジに比べると金額がかかるということでしょう。

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯のメリットとしては3本以上の欠損にも対応していることです。

他にも、歯を削ったり手術が必要ないことや、比較的安価にできることが挙げられます。

デメリットとしては悩んでいる方も多い、「噛む力が弱い」ことです。

他にも、食事の度に外して掃除しなければならないことや、針金をかけている歯が動くようになり抜ける可能性があることも挙げられます。

何よりも違和感があって慣れが必要であることでしょう。

ブリッジのメリット・デメリット

ブリッジのメリットは入れ歯よりは強い力で噛めることです。

また、入れ歯よりは費用がかかりますが、インプラントよりは安価であることもメリットと言えます。

デメリットとして一番大きいのが、失った歯の両側の歯が健康であってもかなり削らなければならないことです。

支える歯に大きな負担がかかるので長期的に失う可能性があることでしょう。

抜歯後に傷んだ組織の治癒を待ってからインプラントを入れる方法(抜歯待時埋入法)とは

抜歯後に傷んだ組織の治癒を待ってからインプラントを入れる方法を「抜歯待時埋入法」と言います。

抜歯窩が治るには3か月以上の時間がかかり、場合によっては半年ぐらいの時間がかかってしまいます。

それを待ってインプラントする場合、インプラントしてから被せが入るまでにさらに3か月以上かかるため、トータルで1年近くかかりその間は歯がないままになります。

抜歯後すぐにインプラントを入れる方法(抜歯即時埋入)とは

抜歯待時埋入法に対して、抜歯と同時にインプラントする方法を「抜歯即時埋入」と言います。

手術が一回で済みますし、トータルでかかる期間がかなり短縮されます。

しかも腫れも痛みも少ないのが特長です。

しかし、抜歯窩を徹底的にきれいにすることが必要で、歯肉の剥離をせずに行うため、熟練した技術が必要となります。

まとめ:適したインプラントの治療法の選定の重要性

抜歯する歯に大きな炎症がある場合などは即時埋入の適応ではありません。

また時間がかかっても問題ないような場合は待時埋入でかまわないと思います。

しかし、前歯などの審美部位では抜歯即時の方が、歯肉形態なども元の状態をそのまま維持することができますのでお勧めです。

当、岡山インプラント支援センターでは、インプラント治療に関する正しい情報を発信し、患者さまのお悩み、セカンドオピニオンのご相談にも対応しておりますので、どなたでもお気軽にお問合せください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ